ローカルXAMPPに他の端末からアクセスするメモ

ローカルで動かしているXAMPPに他の端末からアクセスするための細かい色々です。
端末が無線LANで同一のネットワークにつながっているのが前提になります。

・コマンドプロンプトで「ipconfig」を実行し「IPv4アドレス」を確認。(192.168.XXX.XXX)
・他の端末(PCやスマホなど)のブラウザで「IPv4アドレス」を入力。

これだけで開くはずなのだがエラーになってしまう場合、Windowsファイアウォールの設定を見直す。

・「コントロールパネル」→「Windows Defender ファイアウォール」を開く
・「設定の変更」ボタンをクリックし、「Apache HTTPServer」にチェックを入れてOK。

これで他の端末からアクセスできるようにはなりました。
しかしWordPressはindexしか表示されず、スタイルシートや画像も読み込めていない状態。もしかしてURLに問題がある?

・WordPressのダッシュボード「設定」からURLを変更
「http://localhost/wordpress」→「http://192.168.XXX.XXX/wordpress」
 ※ 変更後一旦ログアウトされます

やっと普通に見られるようになりました。
細かい設定が多くて忘れてしまいがちなのでメモした次第です。

広告

Windows10で複数のDropboxを起動できるようにした話

Windows7を使っていた時、Dropboxを複数起動できるようにしていました。2014年の話です。
【Windows】Dropboxを複数アカウント設定する方法 | 永遠にテスト稼動中

当時はこのやり方で動いていたのですが、Windows10へのアップグレードとDropboxのバージョンアップなどで起動しなくなっていました。
ちょうどDropbox以外のクラウドストレージを色々使い始めた時期だったので「まあいいか」と放っておいたのですが、そろそろ何とかしようと重い腰を持ち上げた話です。

まずは使っていたバッチファイルをチェック。

C:¥Windows¥System32>runas.exe /savecred /user:(サブユーザ名) C:¥Users¥(サブユーザ名) ¥AppData¥Roaming¥Dropbox¥bin¥Dropbox.exe

他のユーザー権限でプログラムを実行する為 runas.exeを使っています。ユーザ名を指定して、実行したいプログラムのパスを書いているのですが、このパスは古くて通らなくなっています。正しいパスに書き換えます。

C:\Windows\System32\runas.exe /savecred /user:(サブユーザ名) "C:\Program Files (x86)\Dropbox\Client\Dropbox.exe"

緑色の部分を変更しました。「”」(ダブルクォーテーション)で囲わないとエラーになります。

バッチファイルを正しく書き直したので実行してみたのですが、何らかのエラーでうまく動きません。コマンドプロンプトで確認してみると、runas.exeのエラーのようです。Windows10へのアップグレードで何か変わったのかな?と思って色々調べてみたところ、administratorが無効になっているのが原因のような気がしてきました。

デフォルトではadministratorが無効です。多分Windowsアップグレードの時にデフォルトに戻ってしまい、無効でも特に困ってなかったのでそのまま気が付かずにいたのでしょう……。

管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げて、administratorを有効化する。

net user administrator /active:yes

「コマンドは正常に終了しました。」と出ればOK。有効化したらパスワードも設定しておきましょう。

net user administrator 〇〇〇〇〇〇〇(パスワード)

これでコマンドプロンプトからサブユーザーを指定してDropboxの起動が出来るようになりました!
あとはバッチファイルのショートカットをスタートアップフォルダへ保存して終わりです。

C:\Users\(メインのユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

administratorが無効になっている事に気が付かなかったらずっと出来ないままだったでしょう。
この記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございました!
Windowsで特定のプログラムだけ管理者権限で実行する – koyama’s blog

【Windows10】タスクマネージャーを素早く起動する

Windows10にアップグレードしたのがずいぶん昔の事のように感じられます。
スタートメニューの違和感にも慣れ、色々な機能を試してみたところで「もっと便利に使いたい」という欲が出て来ました。
今回はタスクマネージャーを素早く起動する方法メモです。

普通に起動するにはスタートメニューを開いて「Windowsシステムツール」→「タスクマネージャー」という流れ。
書くのは簡単だけど、実際にやるとすごく長い道のりです。

そして私が良くやっていた方法ですが、Ctrl+Alt+Deleteキーを同時に押して青い画面にするやつ。

ここからタスクマネージャーを選ぶ。
しかし、この方法はもしかしてマニアックなのではないか?Ctrl+Alt+Deleteキー同時に押しがちという古いWindowsユーザーあるあるなのでは?とやっと気が付いたのです。

そこでGoogle先生に聞いてみたところ良い方法がありましたので3つご紹介します。

Ctrl+Shift+Escキー同時押し

一発で開きます。今まで何してたんだろうとがっかりする程の速さ。


 

タスクバーで右クリック。

ショートカットキーは間違えて覚えてしまう事があるので、このやり方が一番良さそうな気がします。
ちなみにWindows7でも出来るようです。気が付かなかった事が悔やまれます……。

Cortanaさんに聞く

画面右下の検索ボックス(Cortana)に「タスク」もしくは「task」と入力。

私はあまり使わないかもしれないけど、初心者の方に説明するのには手っ取り早そう。
(初心者の方がタスクマネージャーを開いて何をするのかは分かりませんが……)

今回参考にさせて頂いたのは以下のサイトです。ありがとうございました。
Windows10 – タスクマネージャーを起動する方法 – PC設定のカルマ
Windows 10 でタスクマネージャーを起動する方法 – Win10jp Windows10 総合情報サイト