【Thunderbird】ショートカットキーCtrl+Cが効かなかった件

ある日突然、ThunderbirdでショートカットキーのCtrl+Cが使えなくなっておりました。

メッセージからテキストをコピーしたい時に不便を感じつつも、右クリックメニューから「コピー」を選択すれば出来るという状況。同様にCtrl+Aの「すべて選択」もショートカットキーは効かず、右クリックメニューからは使えるという状態でした。

右クリックすれば出来るという事はクリップボードの問題では無いはずだし、Ctrlキーを使った他のショートカットキー(Ctrl+Nで新規メッセージ作成などなど)は使えるのでキーボードの不具合でも無い。OSとかIME問題でも無さそう。
そもそもThunderbird以外では症状が出ないので、確実にThunderbirdに何かが起こっている。

もしかしたら再インストールであっさり治るかも?とは思ったのですが、バックアップの取り方によっては復旧と同時に症状も再発しそうな気がする。通常Thunderbirdのバックアップはプロファイルを丸ごと保存するので、要らないアドオンの残骸とかいじくった設定ファイルも引き継いでしまう。どうもその辺に原因がありそうな気がしたので、まずはアドオンの整理をする事にしました。

一つ一つアドオンを無効にして再起動を繰り返した結果、「EnForward」を無効にしたら症状が改善しました。

「EnForward」はThunderbirdをEvernote、OneNoteと連携させるアドオンです。

↓ええ、入れていましたよ。そして使わなくなって放置していましたとも。
ThunderbirdアドオンでEvernoteと連携する

一体何がどう作用してCtrlキーの一部ショートカットが使えなくなっていたのか良く分からないままの解決ですが、アドオンがThunderbirdの挙動自体に影響を与えるのはそう珍しい事ではないです。便利なアドオンは色々試したくなりますが、時には整理する事も大切ですね。

整理整頓は効率性に直結するという事を学びましたよ。やりっぱなしは良くないと。

広告

【Firefox】【SeaMonkey】タブ関連の便利なショートカットキー

ブラウジング中、たくさんのタブをどんどん開いてはどんどん閉じてを繰り返しています。
勢い余って閉じたくないタブを閉じてしまう事も。
履歴から復元するのは面倒なのでショートカットキーで復元させます。

どうもマウスでの操作は勢いが余り気味で無駄な作業をしてしまう事が多いので、
この際ショートカットキーを使う癖をつけようと思います。
Firefox、SeaMonkey共通のショートカットキーもあるのでちょっとだけまとめてみました。

 

【閉じてしまったタブを復元させる】 ※共通
Ctrl + Shift + T

【新しいタブを開く】 ※共通
Ctrl + T

【リンクを新しいタブで開く】 ※共通
Ctrl + Enter

【タブを閉じる】 ※共通
Ctrl + W または Ctrl + F4

【タブの移動】
<Firefox>
Ctrl + Shift + Page Up (右へ移動)
Ctrl + Shift + Page Down (左へ移動)

<SeaMonkey>
Ctrl + Tab (右へ移動)
Ctrl + Shift + Tab (左へ移動)

【検索バーにフォーカスを移動する】
<Firefox>
Ctrl + K または Ctrl + E
※SeaMonkeyはショートカットキー無し

【ロケーションバー、検索バーから新しいタブで開く】
Alt + Enter
※SeaMonkeyでは検索バーのみ可能。

参考:Firefox キーボードショートカット

 

とりあえずこの辺がよく使いそうなショートカットキーです。

Firefoxとほぼ同じショートカットキーをSeaMonkeyでも使えますが、微妙に異なっているところもあります。
SeaMonkeyでロケーションバーから新しいタブを開くにはCtrl + Enterです。

全部のショートカットキーを覚えるのは逆に大変ですが、よく使うものは覚えておいて損は無いはず。
出来るだけマウスを使わずキーボードで操作したいですね。ちょっとかっこよく見えるし。まあ大体気のせいなんだけど。