ThunderbirdアドオンでEvernoteと連携する

ブラウザはEvernoteと連携させていますが、同じようにメールの内容もEvernoteに送りたいと思い
Thunderbirdの『EnForward』というアドオンを使ってEvernoteと連携させてみました。

EnForward

Thunderbirdのアドオンマネージャから検索してインストール。
設定でEvernote送信用メールアドレスを入力します。

2015-03-04_145346

Evernoteに登録した時のアドレスじゃありませんのでお間違え無く。
こちらの機能です。

Eメールを送信するだけでEvernoteに簡単送信! – Evernote日本語版ブログ

その他の設定はデフォルトのまま使っていますがとても快適です。
Thunderbirdの右クリックメニューに「Forward to Evernote」「Forward to Evernote with Reminder」「Forward to Onenote」の項目が追加されます。
Onenoteを使ってる方は一緒に連携しておくと便利そうです。

2015-03-04_150439

これでメールを丸ごとEvernoteに送信したり、本文テキストを選択して送信する事が出来ます。
リマインダー機能も合わせて使えばライフハッカー気分になれそう。

Evernoteのメール転送が有料機能になりました

(2015/07/22 追記)
というわけで有料ユーザーは引き続きこのアドオンを使えますが、
無料ユーザーは使えなくなりました……悲しいお知らせです。
Evernote ナレッジベース

広告

【Windows7】再起動が出来なかった件

しばらくWindows7の再起動が出来ない状態でした。
シャットダウンとPC本体ボタンからの通常起動は出来ていたのであまり支障がなく、
かなり長い間放置していました。

しかしこのままではいけないと思い直し、色々試行錯誤してみたのでメモに残しておきます。
結論から言いますと原因も直し方も釈然としないままなんですが、何かの参考になれば幸いです。
 

  • PCのスペック
    Windows7 64ビット
    Dell Inspiron 660S
    2013年5月に購入
  • 症状
    通常起動からの再起動ができない。
    Dellのロゴが表示された後真っ黒の画面になる。
    シャットダウン、PC本体ボタンからの通常起動は問題なし。
    症状が出始めたのは2014年前半ぐらい。

 
まず最初に疑ったのはWindowsのシステムファイル。
ちょうどPCを初期化したいタイミングだったのでさくっとリカバリ。

正直これですぐ治ると思ってましたがだめでした……。
いったんセーフモードで立ち上げてみるも改善されず。
でも、詳細ブートオプション(BIOS)を挟めばWindowsが起動出来る事が分かった。

BIOSから起動方法を指定してあげるとうまく行くと言うことは、
再起動の時だけ何らかの原因でBIOSが起動ハードディスク(OS)を見付けられなくなっているのだな。

ふと頭によぎるUSB地雷という言葉。
inspiron Desktop @ wiki – USB地雷

 
そう言えば、プリンタを買い替えた頃から再起動できなくなる現象が出ていたような……
ドライバが何かと競合したのか思ってたけど、プリンタはUSB接続。怪しい。

PCの世代的にUSB地雷はあり得ないはずだが……念のためUSB端子を全て取り外して確認する事に。
通常起動の状態から再起動し、画面が切り替わる前にマウスとキーボードの端子を急いで引っこ抜く。
再起動しました!!
(乱暴なやり方なので真似しないで下さい……)

BIOSでUSBを全く読み込まない設定にしてみても再起動出来た。
という事はやはりUSBがきっかけで何かが起こったのだろう……。
とりあえずマウスとキーボードが使えなくては意味がないので元に戻す。

そしてBIOSの起動デバイス順位でUSBを最下位にしてみましたが効果なし。
USBポートを変えてみる。効果なし。BIOSを初期値に戻してみる。効果なし。
電源ケーブルを全部外してボタン連打(電気を逃すため?)。効果なさすぎてむなしくなってくる。
 

この辺で頭がおかしくなってきてBIOS設定を狂ったようにいじり始める。
ブートモードをLegacyからUEFIに変更して何も起動できなくさせてみたり。
(ブートモードを変更すると、変更前のOSを読みに行けなくなる)

疲れてきたのでいったん落着きを取り戻し、Legacyに戻す。設定を保存して再起動。
……あれ?再起動できてんだけど。
もう一回、通常Windowsのスタートボタンから再起動。出来てる。もう一回やってみる。出来る……!!

 
分からないなりにもまとめてみます。
おそらくきっかけはUSB。地雷じゃなくてもUSBが原因でOSが起動しなくなるトラブルは良くあるようです。

そしてBIOSからOSに引き渡す段階で起動ディスク(Cドライブ)が見つけられなくなっていたか、
アクティブで無いように見えていたのでは無いかと。
ブートモードを一回変更し元に戻した事で、その状態がリセットされたのかもしれません。

 
こちらのサイトを見ながら一生懸命考えました。ありがとうございました。
ブートセクタとは何か – パソコントラブルと自己解決
MBRの修復 – パソコントラブルと自己解決
Windows.FAQ – PC の起動する仕組みは?マスターブートレコード (MBR) やブートセクターって何?

concrete5をローカル(XAMPP)に入れてみた

以前から噂だけは聞いていたCMSの一つ、concrete5。

ブログがメインではない静的なサイトを作るなら、Wordpressよりconcrete5の方が向いてるのかも……と気になっていました。
解説ページが少ないから難しいかも、と躊躇っていましたが「やってみないとわからん」という勢いでインストールしてみました。

バージョンは以下の通り。

XAMPP 3.2.1
・PHP 5.5.19
・Apache 2.4.10
・MySQL 5.5.40
concrete5.7.2.1 インターナショナル版 ※現時点での最新版。日本語のリソースノートはまだありません。
concrete5日本語版ダウンロードから入手。

こちらを参考にさせて頂きました。
XAMPPへのインストール :: concrete5 Japan 日本語公式サイト:

PHPとMySQLの設定ファイルを書き換えてからインストールするとの事。
上記のサイトを参考にしてphp.ini、my.iniを書き換え。
そしてXAMPPのコントロールパネルからApacheとMySQLをスタート。

……なんかMySQLがエラーで動かない。
my.iniの記述ミスか?と思ったがよく分からなかったので、ひとまず書き換える前のmy.iniに差し戻して強行。

phpMyAdminからconcrete5用のデータベース作成。
分かりやすさ重視でそのまんま「concrete5」にしました。

そしてXAMPPのhtdocsフォルダに「concrete5」フォルダを作成し、ダウンロード&解答しておいたconcrete5の本体ファイルを設置。ブラウザから下記のURLを開くとインストールページが開きます。
http://127.0.0.1/concrete5/
もしくは
http://localhost/concrete5/

先ほど強行したMySQLの件でエラーになるだろう……と身構えたのですが、何の問題もなくインストール完了。使っていくうちに不具合が出るかもしれませんが……。

こんな感じの見本サイトに。少しだけいじった後。

2014-11-28_181338

インストールは難しくありませんでした。使い方は全然わかっていないので、これからいじって慣れて行きたいと思います。

【Firefox】【SeaMonkey】タブ関連の便利なショートカットキー

ブラウジング中、たくさんのタブをどんどん開いてはどんどん閉じてを繰り返しています。
勢い余って閉じたくないタブを閉じてしまう事も。
履歴から復元するのは面倒なのでショートカットキーで復元させます。

どうもマウスでの操作は勢いが余り気味で無駄な作業をしてしまう事が多いので、
この際ショートカットキーを使う癖をつけようと思います。
Firefox、SeaMonkey共通のショートカットキーもあるのでちょっとだけまとめてみました。

 

【閉じてしまったタブを復元させる】 ※共通
Ctrl + Shift + T

【新しいタブを開く】 ※共通
Ctrl + T

【リンクを新しいタブで開く】 ※共通
Ctrl + Enter

【タブを閉じる】 ※共通
Ctrl + W または Ctrl + F4

【タブの移動】
<Firefox>
Ctrl + Shift + Page Up (右へ移動)
Ctrl + Shift + Page Down (左へ移動)

<SeaMonkey>
Ctrl + Tab (右へ移動)
Ctrl + Shift + Tab (左へ移動)

【検索バーにフォーカスを移動する】
<Firefox>
Ctrl + K または Ctrl + E
※SeaMonkeyはショートカットキー無し

【ロケーションバー、検索バーから新しいタブで開く】
Alt + Enter
※SeaMonkeyでは検索バーのみ可能。

参考:Firefox キーボードショートカット

 

とりあえずこの辺がよく使いそうなショートカットキーです。

Firefoxとほぼ同じショートカットキーをSeaMonkeyでも使えますが、微妙に異なっているところもあります。
SeaMonkeyでロケーションバーから新しいタブを開くにはCtrl + Enterです。

全部のショートカットキーを覚えるのは逆に大変ですが、よく使うものは覚えておいて損は無いはず。
出来るだけマウスを使わずキーボードで操作したいですね。ちょっとかっこよく見えるし。まあ大体気のせいなんだけど。

【Office2010】リボンに「開発タブ」を追加するメモ

エクセルでチェックボックスを挿入しようしたら、それらしきボタンが見当たらない。ていうかこざっぱりしてる。
何かがおかしい……何かが足りない……と思ったら「開発タブ」が丸ごと無い。
なんか不便だと思った……。

というわけでリボンに「開発タブ」を表示させるメモ。
Office2010(Excel、Word、PowerPoint等)共通です。

〔ファイル〕→〔オプション〕を選び「Excelのオプション」を開く。
office_01

「リボンのユーザー設定」で「開発」チェックボックスをオンにしてOK。
office_02

これで開発タブがリボンに登場しました。
チェックボックスは「開発」タブ→「挿入」ボタン→フォームコントロールの中にあります。
office_03

Officeの設定はどこに何があるのか見つけにくく、たったこれだけの設定すら「あの機能はどこに?」となる。
特に昔からのユーザーほど新しいインタフェースへの順応は遅いような気がします。
よく使う機能ほど位置で覚えてしまうので、場所を変えられたらちょっとしたパニックです。

バージョンが変わってもボタンの位置や設定方法を統一していて欲しいものです……Microsoftさん。

Yahoo!アカウントをGoogle認証システムで二段階認証してみた

Gmailばかり使っていたのですが、メールアドレスそのものがログインIDなのにむやみに人に教えたらやばいのでは?と不安になり始め、サブとしてYahoo!メールを使い始めました。

Yahoo!のセキュリティ対策としてIDを含まないメールアドレス設定、シークレットID、人に教えていないアドレスで復帰用メールアドレス設定。二段階認証は当然のようにGoogle認証アプリ(Google Authenticator)で設定しようと思い、QRコードを読み込んだらエラーになって出来なかった。

とりあえず素直にYahoo!公式の二段階認証アプリ『Yahoo! JAPAN ワンタイムパスワード(Y! OTP)』を入れて設定し一旦落ち着いたものの、一日で「2つもあるのジャマだな……」とイヤになり、ググってこちらの記事を見つけたので参考にさせていただきました。

Yahoo!のワンタイムパスワードをGoogle認証システム(Google Authenticator)で管理する – Logic Delight:

解説してくれてる人がいると悩む事が少なくなって本当に助かる。ありがとうございます。
バーコードリーダーでの読み取りはできないけど、手動でキーを入れれば出来るとの事だったのでやってみました。

Yahoo!のワンタイムパスワード設定画面を開き、「1.アプリのインストール」をすっ飛ばして「2.アプリの設定」へ。
QRコードは読み取れないので「バーコードの読み取りがうまくいかない場合(手動で設定)」の+ボタンをクリックして展開。

2014-09-29_161904

登録コード(認証キー)が表示されます。
Google認証アプリのアカウント追加で「提供されたキーを入力」を選び、このコードを打ち込めばOK。
アプリで生成されたワンタイムパスワードをYahoo!設定画面の「3.アプリの設定確認」で入力し、認証すれば完了です。

すっきり!

これでセキュリティに関してはちょっと安心。
とは言え二段階認証を突破する方法もあるわけで、被害に遭いたくなければ定期的なパスワード変更などアカウント管理をしっかりやらなければいけませんね。

こういう記事も見つけました。

Google・Facebook・Yahoo!などの2段階認証を突破する方法が判明

知らないのと知っているのとではだいぶ意識が変わると思ったので載せてみましたが、どうしろって言うんだよという気持ちにならないわけでもない。とにかく危機意識だけは忘れないように気を付けましょう。

【Firefox】【SeaMonkey】最後のタブを閉じてもウィンドウを閉じないようにする

たくさん開いたタブをサクサク閉じていくと勢い余って最後のタブを閉じてしまう事があるので、
せめてウィンドウを閉じないように設定しました。以下自分メモ。
Firefox、SeaMonkey共通です。

・ロケーションバー(アドレスバー)に「about:config」と入力し設定エディタを開く。
(開く前に「動作保障対象外になります!」と強めの警告が出るので「最新の注意を払って使用する」をクリック)

・「browser.tabs.closeWindowWithLastTab」を検索。

・デフォルトでは値が「true」になっている。ダブルクリックして「fales」に変更。

設定エディタを閉じて確認。タブを閉じてもウィンドウは開いたままになりました。
FirefoxはともかくSeaMonkeyで出来るのがちょっと嬉しかった。やっぱり兄弟なんだなぁ。