Twitterの画像アップロード先をTumblrにするメモ

Twitterの写真をTumblrにまとめたら後で見るとき気分いいんじゃないだろうか。
(なんかついった本家やその周辺の画像保管庫が使いにくくてどうも気に入らなかった)
というわけでTumblrに画像をポストしたらTwitterのタイムラインに流れるようにしました。

普通にTumblrからTwitterに連携させると、画像を投稿してもテキストで「画像: URL」と出るだけ。
サムネイルが出るわけでもなし、見る人はわざわざリンクをクリックしなきゃいけないし便利とは言いづらい……。

ついっぷるフォト的にきちんとTwitterのタイムラインに画像を表示させられないか?
と調べたところ「IFTTT」で出来たので手順メモ。
※「IFTTT」の説明は省きますので気になる方はすいませんがググって下さい。

まずはIFTTTに登録。
https://ifttt.com/
好きなユーザ名、メールアドレス、パスワードなどを設定して登録。

で、「Tumblrに画像が投稿されたらツイッターにもポストする」っていうルールを作るわけです。
右上メニューにある「Create」をクリック。
iftttt_1

iftttt_2

たくさんアイコンが出てくるのでTumblrを選択。初回は認証画面が出るので認証しときます。

「New Photo Post」を選択。

iftttt_3

上の画面になったら「Create Trigger」をクリック。

iftttt_4

今度は「Tumblrの写真をどうするの?」っていうのを設定するので「that」をクリック。たくさんのアイコンの中からTwitterを選択。(認証画面が出たら認証してね)
「Post a tweet with image」を選択します。

iftttt_5

上記画面はそのままで大丈夫なので「Create Action」をクリック。

iftttt_6

「Create Recipe」をクリックすれば完成です。

これでTumblrに画像を投稿するとTwitterに流れる事になります。若干タイムラグはありますが、気にしない気にしない。画像につけたコメントもTwitter側に反映されます。

画像はTwitter側にポストされる際、Twitter公式の写真アップロードに投稿されます。
なのでツイートには「pic.twitter.com/○○○○」というURLが挿入されます。
(ツイッタークライアントによっては表示されたりされなかったりする)

 

後で写真を見返すときにTumblrの方が楽しいし、デザインもカスタム出来るのでいい感じです。
Tumblrを鍵付きにしてもTwitterに流れるので「リブログとかされるのイヤだし」と思っている人にもお勧めできるなと。

あ、TumblrからTwitterを連携させちゃってる場合は解除した方がいいです。連携してるのとIFTTTとで二重投稿になってしまうので。

IFTTTの方も使い方が分かれば色んな事が出来るので工夫して色々やってみようと思います。

 

【2014/09/07追記】
たくさんの方がアクセスして下さっているようなので追記。

想像してた動きとは違うと思う方が多いようなので、投稿画像はTumblrからIFTTT経由でTwitter公式の写真アップロードへポストされるという流れを追記しました。
この動きに違和感のある方にはTwitter向けの画像サービスの方が使い勝手がいいのかもしれません。
(何しろTumblrがTwitter向けのサービスというわけではないので)

それからIFTTTはタイムラグがありますが、日や時間帯によって何時間も遅延する場合があります。
その点を理解した上で利用を始めた方がいいかと思います。

 

最後にTumblrを使う事のメリットを上げておきます。

・予約投稿や下書きができる
・タグで画像の整理がしやすい
・画像保存用Tumblrを1つのWebサイトとして扱える
・テーマなどで見た目をカスタマイズできる
・広告が入らない
・容量を気にしなくていい

ざっと思いつくのはこんな感じです。まだあるかも。

広告