【Windows10】コピーコントロールCDを取り込めた件

コピーコントロールCD(以下『CCCD』)をWindowsで普通に取り込めるようになっていたのでびっくりした話です。今更ですけれども。

コピーコントロールCDとは、平たく言えばパソコンでの取り込みが出来ない音楽CDの事。
コピー出来ないように余計な情報が混ぜ込んであり、音楽CDとしては規格外。
音楽CDでありながら音楽CDでは無いというややこしい代物です。

普通の音楽CDにはこういうロゴがついているのだが、

CCCDには無い。「COPY CONTROL CD」と書かれている。

これは私が2002年の発売当初に購入したCCCDで、販売元はavexです。
夢の国の音楽をロックで聞ける画期的なアルバム。

注意書きにはコピー出来ない旨はもちろん、プレーヤーによっては不具合が出る事(再生機器が故障する可能性)Macでは再生出来ない事などが書いてあります。

当時WindowsXPで試してみると、確かに再生は出来るけどバックアップは取れませんでした。
CDを入れると謎の再生ソフトをインストールさせられて、通常の収録曲とは別に入っているエクストラトラックが聞けたりしました。(エクストラトラックはそのソフトでしか再生出来ない)
エクストラトラックは嬉しかったものの、音楽CDなのに自動でソフトをインストールさせるとは……と複雑な気持ちになりました。

そしてポータブルプレイヤー主流の時代になると、CCCDを再生しようという気にならなくなってくる。そもそも取り込めないし、CDプレーヤーが故障するリスクもあるし……。でもお気に入りだから手放すわけでもなく、今までひっそり眠っていたわけです。

……なんとかならないかな?

と急に思い立ちGoogle先生に聞いてみたところ、今のPCならほとんど問題なくCCCDを取り込む事が出来るとの事。そうなの?!と慌ててWindows10(Win7からのアップグレード版)で開いてみる事にした。

えー……あっさりWindows Media Playerで開ける……。拍子抜けです。
取り込み形式も好きなように選べるのでFLACで取り込み、スマホでも聞けるようにしました。
まあ、CCCDは基本的に音質が良くないのでMP3で十分だったと後から気が付くわけですが。
何故取り込めるのかというと、CCCDにはコピーガードとしてノイズ的な情報が入っているのだが(意図的にエラーを入れてある)最近のCDドライブはエラーを訂正してくれるかららしい。
傷がついたCDを取り込むようなものか。

Windows側でオートランを無効にしてあるのも効いているかな?
CDを挿入する時shiftキーを押しっぱなしにすると取り込めるという説もあるようだ。
Macでも普通に取り込み、再生が出来るらしい。

エクストラトラックも何とかならないかなーと思ったのだが、再生ソフトがWindows10にはインストールできないため諦めました。
違法コピーは当然いけない事です。
が、プレーヤーが壊れるリスクまで抱えて音楽データにエラーを入れるってすごいですよね。
音質が悪くなってもとにかくコピーできないCDを!!という姿勢に恐ろしさを感じます。

CCCDの技術そのものも廃れ、普通にパソコンやスマホに取り込める時代が来て本当に良かったです。

広告

【Windows10】タスクマネージャーを素早く起動する

Windows10にアップグレードしたのがずいぶん昔の事のように感じられます。
スタートメニューの違和感にも慣れ、色々な機能を試してみたところで「もっと便利に使いたい」という欲が出て来ました。
今回はタスクマネージャーを素早く起動する方法メモです。

普通に起動するにはスタートメニューを開いて「Windowsシステムツール」→「タスクマネージャー」という流れ。
書くのは簡単だけど、実際にやるとすごく長い道のりです。

そして私が良くやっていた方法ですが、Ctrl+Alt+Deleteキーを同時に押して青い画面にするやつ。

ここからタスクマネージャーを選ぶ。
しかし、この方法はもしかしてマニアックなのではないか?Ctrl+Alt+Deleteキー同時に押しがちという古いWindowsユーザーあるあるなのでは?とやっと気が付いたのです。

そこでGoogle先生に聞いてみたところ良い方法がありましたので3つご紹介します。

Ctrl+Shift+Escキー同時押し

一発で開きます。今まで何してたんだろうとがっかりする程の速さ。


 

タスクバーで右クリック。

ショートカットキーは間違えて覚えてしまう事があるので、このやり方が一番良さそうな気がします。
ちなみにWindows7でも出来るようです。気が付かなかった事が悔やまれます……。

Cortanaさんに聞く

画面右下の検索ボックス(Cortana)に「タスク」もしくは「task」と入力。

私はあまり使わないかもしれないけど、初心者の方に説明するのには手っ取り早そう。
(初心者の方がタスクマネージャーを開いて何をするのかは分かりませんが……)

今回参考にさせて頂いたのは以下のサイトです。ありがとうございました。
Windows10 – タスクマネージャーを起動する方法 – PC設定のカルマ
Windows 10 でタスクマネージャーを起動する方法 – Win10jp Windows10 総合情報サイト

【Firefox】起動時の前回セッションの復元について

Firefoxの起動時に前回開いていたページが復元させるようにしていたのですが、
どうも使い勝手が良くなかったので復元しないよう設定を戻しました。

ツール→オプションで設定可能です。
「前回終了時のウィンドウとタブを表示する」以外の項目を選択。
2015-09-02_180331

Firefoxバージョンアップ後、だいぶオプション画面の仕様が変わりましたね。少しびっくりしました。

他の方法もあります。(慣れてる人向け)

  • about:configから「browser.sessionstore.resume_session_once」を「false」に変える
  • 設定ファイル「user.js」に以下の一行を追加

user_pref(“browser.sessionstore.resume_session_once”, false);

時と場合によっては前回のセッションを復元させたい時がある

その都度設定を変更するのは手間なので以下の方法で復元します。

  • Firefoxホームの画面右下「以前のセッションを復元」をクリック
    2015-09-02_181529
  • メニューバーの「履歴」→「以前のセッションを復元」を選択
    2015-09-02_182124
  • ツールバーのバーガーボタンからメニューを開いて「履歴」→「以前のセッションを復元」を選択
    2015-09-02_182257

これを覚えておけばうっかり途中でウィンドウを閉じてしまった時や、
急に再起動になった時なども安心ですね。

Firefoxはカスタマイズして使っている人が多いと思うんですが、
時々人のFirefoxを見て「メニューバーが表示されてない!」と慌てる事があります。
私は表示させる派で、ほとんど全ての事をメニューバーから探す癖があるので・・・。

古い人間だからでしょうか、メニューバーのバーガーボタンを使う癖がつかないままの私です。

【Excel】シート名を取得してセルに表示させる方法

Excelのシート名を取得してセルに表示できたら、
シート名を変更しても更新されるはずだし便利そうだと思ったので調べました。
結構長い数式だったので忘れないためにメモ。

てっとり早く使いたいならこの式をコピればOK。

=RIGHT(CELL(“filename”,A1),LEN(CELL(“filename”,A1))-FIND(“]”,CELL(“filename”,A1)))

でもせっかくなので何がどうなっているのか理解したい。
ざっくりですが以下説明。

<使用した関数>

  • CELL セルの書式、位置、内容などの情報を返す
  • LEN 文字列の文字数を返す
  • FIND 文字列を検索する
  • RIGHT 指定した文字数分の文字列を右から取り出す

 

CELL関数に引数”filename”を指定すると「ファイルのパス+[ファイル名]+シート名」が取得できます。
=CELL(“filename”,A1)

シート名だけ欲しいので、まずシート名が何文字あるのか調べます。
全体の文字数(LEN関数)から「ファイルのパス+[ファイル名]+シート名」の”]”までの文字数(FIND関数)を引く。
=LEN(CELL(“filename”,A1))-FIND(“]”,CELL(“filename”,A1))

上の引き算でシート名の文字数がわかったので、RIGHT関数で右端から抽出します。
=RIGHT(CELL(“filename”,A1),LEN(CELL(“filename”,A1))-FIND(“]”,CELL(“filename”,A1)))

これでシート名を取り出す数式にたどり着きました。

 

参考にさせてもらったのはこちらのサイトです。
シート名をセルに表示したい~CELL関数とRIGHT関数の合わせ技
解説が丁寧で分かりやすいです。ありがとうございました。

【Firefox】Evernote Web Clipperをバージョンダウンする

Firefox 37.0.1にバージョンアップしたら
どさくさに紛れてEvernote Web Clipperも 6.0.15の最新版になってしまいました。

2015-04-08_145843

色々出来るようになってはいるようだ。
記事を簡易版で取り込めたり、スクリーンショットで保存出来るのはちょっと魅力的。
だけど、URLのみのクリップ機能はどこいった?

私はURLのみクリップしたノートにメモを追記していたのでとても困る。
不要な記事や画像がキャプチャされるのが邪魔……いちいち消すの面倒くさいし。
これはたくさん使って容量オーバーしてプレミアムにさせようという手口か?と疑ってしまった私。

というわけでバージョンダウンで対応しました。
以下のページからEvernote Web Clipperのバージョン5.9.1に戻します。

Evernote Web Clipper のバージョン履歴
Evernote Web Clipper :: Versions :: Add-ons for Firefox

再起動すれば5.9.1に戻ります。

2015-04-08_145543

落ち着きました。これでしばらくなんとかなります。
次回のバージョンアップではURLのみクリップできる機能を復活させて欲しいです。

【Firefox】検索バーを35以前の仕様に戻す

Firefoxのバージョン36から検索バー(検索ボックス?)が変わりました。
しばらく使ってみたのですが、見た目も操作感も35以前の方が好みだったので元に戻しました。

設定エディタから出来そうな気がしたのでググったところ、
やはり私と同じような方がたくさんいらっしゃったようです。
みなさんありがとうございます。楽に出来ました。

最初に参照させてもらったのがこちらの記事です。
【Firefox】Firefox 36の検索バーを35以前の仕様に戻す – 白々メモ帳

以下メモ。

・ロケーションバー(アドレスバー)に「about:config」と入力し設定エディタを開く。
(開く前に「動作保障対象外になります!」と強めの警告が出るので「最新の注意を払って使用する」をクリック)

・「browser.search.showOneOffButtons」を検索。

・デフォルトでは値が「true」になっている。ダブルクリックして「fales」に変更

Firefoxを再起動して確認。慣れ親しんだ35以前の検索バーに戻りました!
2015-04-03_154951

設定ファイルにuser.jsを使ってる方は
user_pref("browser.search.showOneOffButtons", false);
を追加すればOK。

私も最近user.jsですべて管理するようになりました。
ファイル一つで慣れ親しんだ設定に出来るのでヘビーユーザーには便利ですよね。好きだぜ、Firefox。

【WordPress】複数ブログの二段階認証コードを一つにまとめる

WordPressサイトを複数持っていて、全部に二段階認証(Google Authenticator)をかけています。
そうするとスマホアプリのコード一覧にサイトの数だけコードが増えて見づらいし、
該当サイトのコードを探すのがちょっと面倒……。

一つの二段階認証コードを複数WordPressで共有しても特に弊害は無い気がしたので、
データベースをいじくって一つにまとめてしまいました。

【WordPress】管理画面にログイン出来ないまま二段階認証を無効にするを書いた時
大体データベースの中身が分かったので応用技です。

MySQLから値を操作します。(ちなみに私はさくらレンタルサーバーでphpMyAdmin利用)
該当ブログのデータベースの「○○○○○( データベーステーブルの接頭辞)_usermeta」テーブルを開き、
「googleauthenticator_secret」の項目を確認。
この値がWordPressのSecretコードです。

↓WordPressの設定画面

2015-03-23_160550

要はこのコードを複数ブログで共有してしまえば二段階認証コードが一つで済むよね、という話。
二段階認証を共有したいブログの「googleauthenticator_secret」の値を同じものに書き換えます。

WordPressの管理画面からはいじれないようなので、
phpMyAdminからデータベースの値を直接編集。

2015-03-23_160258

これでスマホアプリのGoogle Authenticatorの画面も少しすっきり。
複数のWordPressサイトの二段階認証コードが一つにまとまります。

データベースの書き換えはミスると壊れるかもしれないので、慎重に、自己責任でお願いします。
(データベースの知識が無い人にはお勧めしません)